メリットについて

アルミホイール中古2

アルミホイールを取り付けすることはファッション性がよくなるだけではなく、素材の特製に基づいた走行性能を向上することができます。
バネ下重量の軽量化
アルミは軽量なので、デコボコの路面を走行した時の突き上げを軽減してくれる性能があり、車の運動性能が向上します。
ブレーキ性能のアップ
放熱性が高いアルミなら、例えば山道などのブレーキを多様するような走行時でもブレーキの発熱を抑えて安定したブレーキ性能を発揮することができます。

タイヤは路面と接している唯一のパーツですが、そのタイヤが付いているのが、ホイールになります。ホイールもタイヤと同様に見た目だけではなく、その性格によって乗り心地や燃費に大きく影響を与えます。
タイヤを交換するのと同様にホイールの交換も車の特徴を左右する大きな要素になるので、じっくり時間をかけて、自分にあった満足できるホイールを探すために中古でもいいのでいろいろ見てみることがオススメです。

ホイールのキャラクターを見極める時に製法はとても大切な要素で、鋳型に溶けた材料を流して固め、ある程度削った材料のカタマリを叩いて、構成する鍛造があります。
鋳で作られたホイールのメリットはリーズナブルで手に入れることができることで、これは大量生産に向いているからです。
一方で鍛造でのメリットは軽いホイールに仕上げることができることで、鍛冶屋さんが熱して熱くなったカタナをトントンと叩くイメージに近いです。
製造の段階で叩くことで、材料の粗密度が高くなって、強度が高くなります。強度が高いと形状を薄くしたり、細くしたりすることができるので、その結果として、軽くなるわけです。
ホイールの軽さは乗り心地とスポーツの性能にダイレクトに影響します。

手入れについて

アルミホイール中古

あるホイールの価格はピンからキリまであり、中古市場では驚くほどの安値で販売されていることもあります。
あるホイールは一般的な鉄と比べるとその強度は落ちますが、普通の走行では耐久性も十分あるので安心して使用することができます。

アルミホイールの手入れの方法は一般的なカーシャンプーを利用して、ホイール専用のブラシで擦って洗っても問題ありません。
少しのキズでも付けたくない場合にはスポンジなどで洗うといいです。

一般的にアルミホイールはクリアで塗装されているので、汚れもクリアの塗装の上に乗っているだけなので、しつこい汚れでない限りはカンタンに落とすことができます。
ですが、長時間手入れをしなかったホイールは汚れがこびりついてしまい普通に洗車するだけでは汚れが落ちないこともあります。
そこで、ホイールクリーナーを使用して汚れを分解しながら落とすことができます。

ホイールクリーナーにはさまざまなタイプのものがあるので、アルミホイール専用のものを使うことが推奨されます。